看護部門

<看護部の理念>

患者さま主体で、心の通う看護を提供致します。

<看護部の基本方針>

1、安全で安心できる看護を提供します。
2、患者さま及びご家族との信頼関係を築き、十分な情報提供の下に、最善の方法が選択できるようお手伝い
 致します。
3、医療と介護の連携を密にし、支援を行います。
4、専門職としての自覚を持ち、豊かな人間性と自己キャリア開発に努めます。
5、働きやすい職場づくりに努めます。

<看護師長より>

はじめまして看護師長の真鍋幸子です。
看護部は、看護師一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすと共に、個々の生活に応じて仕事が継続できる働きやすい職場作りを心がけています。
当院は、一般病棟15:1、医療療養型病棟20:1の体制の中で、安全を重視し質の高い看護を目指し、夜勤に於いても看護助手及び介護福祉士を配置しています。
職員の働きやすい環境作りとしては、採用条件の緩和(看護師に於いては、月2回夜勤での常勤雇用) や子育て支援として託児所を開設し、互いを思いやる職場づくりを促しています。
将来を見据えた看護師確保の対策としては、准看護師の「正看護師資格」取得助成として奨学金制度を設け、定着率アップと離職防止に努めています。
当院の機能を生かし、地域に根ざして患者さま及びご家族や利用者さまそして働く看護師・介護士に選ばれ続ける病院を目指しています。

一般病棟看護体制・看護主任あいさつ」はこちらをご覧ください。
医療療養型病棟看護体制・看護主任あいさつ」はこちらをご覧ください。