地域包括ケア病床

★地域包括ケア病床とは(通常、入院期間は最長60日となります)

①急性期病院にて病状は安定したが退院に向けてもう少し経過観察が必要な方
②在宅・施設療養していたが、一時的に状態が悪化し入院加療が必要になった方
③地域のクリニック・診療所からのご紹介の方
④在宅復帰へ向けて在宅療養するための訓練や準備が必要な方 

病状は安定したが在宅や施設へ移行するには不安のある患者さまに対し、在宅復帰に向けて医療管理、診療、
看護、リハビリテーションを行うことを目的とした病床で、在宅あるいは介護施設に復帰予定の方が対象となります。医療措置やリハビリの継続の必要がある患者様は医療療養型病棟で療養を継続する場合もあります。

入院の流れ