訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションは、ご家庭に直接、理学療法士または作業療法士が訪問いたします。その方の身体能力と生活環境にあった動作の獲得を目標にリハビリを行います。自分で出来ることを増やし、生活範囲を広げて快適な生活を送ることができるように支援を行います。

<具体的な訪問リハビリの内容>

歩行訓練、階段昇降、食事動作(嚥下訓練は除く)、排泄動作、住宅改修の相談、家族への介助方法や運動方法のアドバイスなど


<対象者>

・要支援・要介護と判定された方
・通院が困難や退院後などで自宅でリハビリを受けたい方
・介助方法の指導や住宅改修の助言が必要な方・寝たきりなどで日常生活能力が低下してきた方
・日常生活動作の練習が必要な方(歩行、食事、トイレ、入浴など)

<訪問日>

月曜日~金曜日 : 9:00~17:00

お休み : 日祝日、年末年始

<利用方法>

 主治医にリハビリが必要であると認められたのち、居宅支援事業所の介護支援専門員(ケアマネジャー)を通じて、当事業所までお申し込みください。

<注意事項>

訪問リハビリテーションが行えるのは、主治医の診察から1ヶ月以内と定められています。
ひと月毎に主治医の診察を受け、訪問リハビリテーション指示書を当事業所へ提出してください。 (所定用紙が当院にあります。)
1ヶ月以上受診間隔が空いた場合は、サービスを受けられなくなります。定期的に主治医の診察を受けてください。

訪問リハビリテーション空き状況はこちらをご覧ください。